クレジットカード現金化でお金を借りる業者25社比較まとめ!

クレジットカードでお金を借りるためにはキャッシング枠を作らなければならないと考えるのが自然です。しかし、キャッシングはショッピング枠よりも金利が高くなってしまうだけでなく、手続きに審査が必要になる場合や時間がかかる場合もでてきます。そんな時に使えるのがクレジットカードのショッピング枠を使った現金化です。

クレジットカード現金化業者に違いはあるの?25社比較でわかること!

Contents

クレジットカード現金化を使えば新しいカードの発行や面倒な手続きをしなくても現金が手にはいる可能性があるのです。

クレジットカード現金化業者に違いはあるの?25社比較でわかること!

カードでお金を借りるクレジットカードのショッピング枠現金化とは?

街で「カードでお金」「カード換金」などの看板や広告を目にしたことはありませんか。クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を作る方法です。

手順は比較的簡単で、クレジットカードで商品券などを購入し、専門業者に買取を依頼して現金化するものが中心になっています。

商品券以外にも各種ネットショップから商品購入をするケースや、新幹線の回数券などが利用されるケースもあります。

クレジットカード現金化は電子化が進んでいて、ネットでほとんどの手続きが完結することが多くなっています。

場所を問わずに金券ショップを利用するような形でクレジットカードのショッピング枠を現金に変えることができるのです。

ただし、クレジットカード現金化業者と一言で言っても様々な業者があります。看板でカードで現金化などと書かれていても怪しい業者と思ってしまう人も多いはずです。

クレジットカード現金化業者の実態を知ることは悪徳業者に騙されるのを防ぐためにも重要なポイントになってきます。

クレジットカード現金化は古物営業法で運営されている店舗やサービスになる

クレジットカード現金化業者が違法でないか気になる場合は、店舗やサイトの情報を確認すると参考になります。多くの業者が古物に関する都道府県の許可をうけていて、許可番号なども提示しているからです。
クレジットカード現金化業者は金券ショップなどと同じく、古物営業法に基づいて営業していて、違法な金融サービスを提供しているわけではないのです。

クレジットカード現金化業者は主に二つの方法でクレジットカードのショッピング枠を現金化しています。主流となっているのが先ほども挙げたギフト券等を購入し、業者に買い取ってもらう買取方法です。
自分でギフト券等を購入し、ギフト券の売買サイトを利用して自力で現金化する人もいます。

もう一つの方法がキャッシュバック方式です。クレジットカード現金化業者タ取り扱うキャッシュバック付帯の商品やサービスを購入し、キャッシュバックを受けるのがキャッシュバック方式です。

時代によってどちらの方が換金の効率が良いかがかわるため、業者でも使いわけているのがポイントになります。

クレジットカード現金化には違法性はないのか?

古物営業法が営業の根拠になっているとはいっても、本当にそれが根拠になるか不安になる人もいるかもしれません。

実際にクレジットカード現金化の違法性などに触れるサイトなどは多く、消費者が混乱する理由にもなっています。

実はクレジットカード現金化を違法とする明確な法律はありません。

クレジットカード現金化業者が悪質な営業行為を行っていた場合は業者が違法性を問われるケースはありえます。

しかし、クレジットカード現金化を利用する消費者を罰する法律などは存在しないのです。

実際にクレジットカード現金化業者の経営者が脱税などの罪に問われたケースはありますが、消費者が捕まったケースがないのは覚えておきたいポイントです。

10年以上クレジットカード現金化を手がける業者も存在し、優良な業者を利用すればトラブルに巻き込まれる可能性も減らすことができるのです。

クレジットカード現金化のメリットは多い

クレジットカード現金化のメリットは多く、リピートする利用者が多い理由にもなっています。

たとえば、クレジットカード現金化業者は24時間対応の銀行口座に対応していることが多く、夜や土日祝日などにお金が必要になったときにもスピーディーな対応を受けることができます。

クレジットカードのキャッシング枠追加のように審査を待つ必要がありません。

来店不要のオンライン業者が多くなっているのも魅力です。インターネット上で手続きのほとんどが完結するため、申し込みのためにどこかに行く必要がないのです。もちろん、不安がる人のための電話窓口がある業者も数多くあります。

最初の利用時は本人確認のための連絡が入るのが一般的ですが、2回目以降は一部の手続きを省略できる業者が多いのも魅力です。

慣れると数分で手続きが済むだけでなく、振込みまで含めて10分以内に完了する業者があるほどです。

キャンペーンなどで換金率の優遇を受けられるケースもあるため、業者間の比較をすると更にお得に利用できます。

クレジットカード現金化は全くのノーリスクではないことに注意

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用した現金化の手段です。ただし、あくまでショッピング枠を利用して現金化を行うため、借入の発生を防ぐことはできないのです。

クレジットカード現金化は全くのノーリスクではないことに注意

ショッピング枠を利用した分はクレジットカード会社に返済する必要があり、借りすぎてしまうと返済が困難になってしまいます。

クレジットカード現金化は手数料がかかるのもポイントです。換金率を100%以上に設定してしまえば業者が営業をすること自体ができなくなってしまいます。

営利目的でクレジットカード現金化を行っているため、必ず手数料などを引かれるという気持ちで利用することが大切です。

また、クレジットカード現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反するのが一般的です。クレジットカードのショッピング枠はショッピングに利用するものであり、現金化を前提した枠ではないからです。

利用の目的から外れて利用してしまうと、クレジットカード自体が解約されてしまう恐れもあります。

ただし、クレジットカード現金化をクレジットカード会社が確認する手段はほとんどないため、悪質業者や詐欺と関わらない限り発覚することは珍しいのがポイントになります。

クレジットカード現金化を悪用した場合はリスクが高くなることに注意

クレジットカード現金化を利用しても、それが悪質なものであることを判断するのは難しくなっています。

誤って購入した商品を売却しなければならないケースや、不用品を処分してお金に変えることは誰でもありえます。

現金化イコールで悪質なものとは限らないことは、クレジットカード会社が現金化を追及するのが難しくなる要因にもなっています。

調べることがプライバシーの侵害になる可能性もあるため、クレジットカード会社がうかつに調査できないのもポイントです。
調査にかかる時間やコストに合わないケースもあるため、現金化が発覚することは珍しいのです。

ただし、クレジットカードを現金化目的に契約し、自己破産などで逃げようとする悪質なケースに関しては例外です。

自己破産はやむを得ない理由でお金を支払えなくなった人のための制度であり、悪用ができないように制限が存在します。

クレジットカード現金化自体が適切やお金の管理に見合わないと判断され、自己破産ができなくなるケースも存在するのです。

クレジットカード現金化を利用していると借金は減らせないのか?

クレジットカード現金化を利用していると破産などができず、人生にマイナスの影響が大きくなるのではと考える人もいます。しかし、借金に困ったときの救済制度は自己破産だけではなく、一部の借金をカットしつつ地道に返済していく方法も存在します。

たとえば、任意整理などでクレジットカード会社ごとに借金を整理する場合は、自己破産のような厳密な身辺調査が行われません。

クレジットカード会社と交渉の上で返済期間などを決め手いくことが一般的で、返済を前提にすれば借金の減額も可能なのです。

他にも個人再生や特定調停などの手段が存在するため、借金に困った場合は弁護士や司法書士に相談してみるのがおすすめです。

ただし、債務整理をした時点で5年間はクレジットカードの新規作成ができなくなるだけでなく、所持しているカードを手放す必要がでてきます。

まずは支払いに困るほどお金を使わないことが大切で、困った場合は早めに解決を目指した方が良いのです。

自分でクレジットカード現金化をする方法もある

クレジットカード現金化はクレジットカード現金化業者に依頼するだけでなく、自分で行うことも可能です。

自分で現金化を行った場合はうまく利用すると現金化業者に頼む以上の金額での換金が可能になります。

90%後半など、クレジットカード現金化業者では実現が難しい買取率を目指すことも可能になるのです。

ただし、自分でクレジットカード現金化をする場合は、どのような商品の換金率が高いのか、どの業者に買取を依頼すればいいのかを調べる必要があります。

また、ネット上で完結しないサービスに関しては実際に店舗に持ち込む必要があります。

宅配で様々な商品を買取してくれるサービスや、フリマアプリなどを活用する方法もありますが、高額な商品や換金性が高い商品の売買が禁止されているケースもあるため注意が必要になってきます。

自分でクレジットカード現金化をするのは意外と難しい?

自分でクレジットカード現金化をしようとすると、意外と難しいことに気付きます。たとえば、換金性が高いことで知られるamazonギフト券等は金券ショップで買取ができません。

amazonギフト券を専門的に扱うサイトを利用するのも方法ですが、買取率を高めるのであればクレジットカード現金化業者に依頼した方が融通が利くケースもあります。

amazonギフト券買取業者は24時間営業のことが多く、スピーディーな入金に期待できます。ただし、クレジットカード現金化業者よりも手数料が高めになりやすいのです。

より高い金額で売買できる個人取引の仲介サイトもありますが、振り込み手数料などがかかるほか、依頼をしてから出勤までに時間がかかるケースが多くなってしまいます。

買取率を厳密に比較しようとした場合は、店ごとに個別に調べなければならないケースも出てきます。ブランド物などは金券などに比べて買取率などが下がるのもポイントで、自分が納得できるお店と商品の組み合わせを見つけるのは大変なのです。

換金性が高い商品はクレジットカード会社も警戒している

換金性が高い商品を購入することがリスクになるケースもあります。たとえばギフト券等の換金性が高い商品を常に購入する人がいたらどう思われるでしょうか。

換金性が高い商品はクレジットカード会社も警戒している

不自然に新幹線の回数券などを買い続ければ、現金化を疑われる可能性も高まってしまうのです。

クレジットカードを拾った人間が不正に利用する可能性を考え、カードが一時的に停止されるようなケースもあります。換金性の高いアイテムを購入して現金化すれば、だれが不正利用を行ったかチェックが難しくなる場合もあるからです。

クレジットカード会社が不正を疑った上で行動に出る可能性もゼロではないのです。

また、借入額が膨らみすぎると、クレジットカード会社が借金を返済しきれるかどうか疑い、キャッシング枠の縮小や限度額の縮小などに踏み切るケースもあります。

転職などで一時的に年収が下がるなど、収入が減った場合は更に影響を受けやすくなります。現金化に頼り過ぎないようにすることも大切です。

クレジットカード現金化業者も比較が必要

自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化することも可能ですが、調べて見ると意外と手間がかかることがわかります。

急にお金が必要になった場合は更にお金を用意することが難しくなるため、現金化業者を利用した方が手間がかからないことが増えるのです。

ただし、クレジットカード現金化業者にも種類があり、ある程度比較することが大切になります。特に店舗型とオンライン業者の違いは大きく、それぞれにメリットとデメリットがあります。

店舗型の業者は対面式の取引が可能で、安心感を得やすいのが魅力です。ネットを使ったオンライン取引に不安がある人も多く、詐欺サイトなどに引っ掛かる恐れもなくなります。

ただし、店舗型の業者は数が少ないことと、買取を依頼するためには実際に店舗にいく手間を考える必要があります。

また、営業時間内に手続きをしなければならないため、夜間の利用には不向きです。人件費などがかかるため換金率も低めになることが多いという難点もあります。

オンライン業者の長所は換金率の高さと利便性の高さ

オンライン業者の長所は人件費を圧縮できることから可能な換金率の高さと、ネットを利用できる利便性の高さです。24時間受付が可能で、夜間でも振込み対応ができる業者もふえています。

振込みスピードの速さとあわせてオンライン業者が人気になる理由にもなっています。

ネットがあれば手続きができるため、外出の必要がないのもポイントです。パソコンだけでなく、スマホや携帯電話で手続きをすることもできるため、あるいていどのネットショッピングの知識さえあれば簡単に現金化を利用できます。

ネックとなるのは店舗型業者とは逆に相手の顔が見えないということです。ネットにはワンクリック詐欺なども存在するため、実際に利用してもだまされるのではと心配する人もいます。

ただし、相手の顔が見えないのはネットショッピング全般に共通することになります。ワンクリック詐欺や悪質な業者の存在が不安な場合は、自分で調べて自衛をした方が効果的なのです。

オンライン業者のデメリットは本当にデメリットなのか?

クレジットカード現金化のオンライン業者は多く、クレジットカード現金化の主要な手段の一つになっています。

業者の数が増えれば悪質な業者も誕生する可能性がありますが、事前に問題がある業者の特徴を知っておけばだまされることを防ぐことができます。

比較を行って優良業者を探せば換金率などの面でもプラスになることが多いのです。

優良な業者は換金率の高さだけでなく、サポート窓口の多さやなどが特徴になっています。

電話での直接の問い合わせのほか専用フォームから換金率や現金化に必要なものなどを確認することができます。

LINEなど、Eメールや専用フォーム、電話以外で問い合わせられる業者も存在します。

古物取引の許可番号などが明示されているかもチェックしたいポイントです。確認ができない状態であればクレジットカード現金化業者を装う詐欺である可能性もでてくるためです。

サイトのチェックはトラブルを防ぐためにも重要なポイントになってきます。

クレジットカード現金化がマイナスのイメージをもたれやすい理由は?

クレジットカード現金化にマイナスのイメージがつきやすい理由の一つが..

「使った人が少ないからわかる人がいない」というものがあります。

クレジットカード現金化がマイナスのイメージをもたれやすい理由は?

人は初めて見るものに対して先入観を持ってしまいがちですが、クレジットカードをお金に変えるというと、どうしても詐欺などに使われるのではと連想しがちです。

実際にそうではなくても、使う機会がなければ確認もできないため、どうしてもマイナスのイメージを抱きやすいのです。

しかし、食わず嫌いのものを食べてみたら実際は美味しかったというように、実際に利用してみると印象がかわるものもあります。クレジットカード現金化は実際に使ってみると便利なことがわかるサービスです。

ただし、キャッシングなどのほかに使えるサービスがあるとそちらを利用しようとする人が多いため、なかなか使う機会自体が少なくなってしまうのです。

実際に利用してからリピートする人は意外と多いのです。

メディアなどの情報からイメージを抱く人も多い

日ごろからテレビやスマホなどでメディアに触れる機会が多い人の場合は、クレジットカード現金化業者が逮捕されたなどマイナスのニュースに触れるケースもあります。

実際に経営者が書類送検された例などもあるからです。

社会問題として取り上げるメディアなども存在したことが更に-イメージを強める理由の一つにもなっています。

しかし、クレジットカード現金化の経営者が書類送検された例の中には、脱税容疑によるものが含まれています。また、店舗の摘発例も極端に高い手数料などを設定していた場合や、取引実体がないものに関して手数料を設けるなど、悪質な行為を行っていたという共通点があるのです。

高すぎる手数料の設定は資金決済法などの法律に違反する可能性があります。

いわゆる闇金業者と同じ分類になってしまうため、報道だけを見ているとどうしてもイメージが偏りやすいのです。

優良な業者が報道されることはないため、余計に情報が偏ることもポイントです。

クレジットカード現金化のすぐれている面は

クレジットカード現金化のすぐれている部分をまとめてみましょう。

・すでにもっているクレジットカードを使うため総量規制の対象にならない
・ショッピングで購入したものを利用して現金化するため貸金業法の対象にならない
・融資のように特定の要素に縛られずに使える

お金を借りるためには審査が必要になるのは、様々な法律上の規制が存在するからです。

お金の借りすぎを防ぐためのものも存在しますが、貸金業者が利益を確保するために法律とは別に導入しているルールなどが存在するのもポイントです。

クレジットカード現金化はすでに持っているクレジットカードを利用してより支払いや借入の自由度を広げるもののため、一部制限を迂回できるのです。

キャッシングはショッピング枠の利用よりも金利が高くなりがちなため、ショッピング枠を上手に利用した方が利息が安くなる可能性があるのもポイントです。

決済手段が増えているからこそ効率的な現金化が可能に

オンライン型のクレジットカード現金化業者が増え、換金率が高く設定されることが多くなっている理由の一つが、決済方法の多様化していることです。

決済手段が増えているからこそ効率的な現金化が可能

クレジットカードでamazonギフト券等の換金率が高いアイテムを購入して売却するだけでなく、携帯電話のキャリア決済を挟むなど迂回する方法もあります。一度電子マネーにかえてからギフト券を購入する方法などもあります。

決済方法が増えれば購入できる商品やサービスの数が増え、現金化にもプラスになります。

また、購入商品の種類が増えればクレジットカード会社が規約違反を疑うのが難しくなるのもポイントです。

誰もがトラブルを避けたいからこそ、様々な決済方法を案内してくれるクレジットカード現金化業者も存在するのです。

携帯電話やスマホの料金はクレジットカードで支払うのが一般的になっています。便利な世の中になっているからこそ現金化の手法も進化しているのです。

悪質なクレジットカード現金化業者を見分けることも大切に

クレジットカード現金化業者を利用する場合に注意したいのは、悪質なクレジットカード現金化業者の存在です。過去に書類送検された業者が存在するように、現金化業者の中にも悪質な業者は存在します。

正確には、クレジットカード現金化業者を装う闇金融や悪質な詐欺サイトで、法律上の根拠などもなく営業しているのが特徴になります。

特に注意したいのは換金率が高すぎる場合です。換金率が高いのは理想ですが、余りに好条件の場合は業者側が利益を出すことが難しくなります。

たとえば95%以上の換金率を保障するなど、数字が大きすぎる場合は疑ってかかる必要があるのです。

換金率は95%以上でも、振り込み手数料や各種事務手数料などが別途かかるというケースも存在します。

詐欺サイトの場合はサイトを作って畳んで作ってと、都合が悪くなるたびに消せば痕跡を追うことが難しくなります。必要以上に個人情報を求めてくるサイトなどは疑ってかかった方が良いのです。

会社概要や電話番号をチェックすると失敗しない

詐欺サイトや悪質な業者に特徴するのが、会社概要などを明確にせず、消費者の追及を難しくしていることです。

住所などの情報が確認できれば警察などに通報しても相手を捕まえるのが難しくなってしまいます。

クレジットカード現金化業者を利用する場合はサイトマップから会社概要や運営者情報を確認するのが大切です。

会社の概要自体がない場合や、電話番号が携帯電話番号しかない場合は悪質な業者や詐欺サイトの確立が高まります。逆にフリーダイヤルとは別に会社の電話番号や営業時間などが書かれている場合は信頼性が高まります。

優良な業者の場合は金額ごとに換金率の目安が記載されている場合もあります。これは金額が大きいほど事務的な負担が少なく、効率よく換金ができるためです。

振込み手数料の関係で業者の負担が重くなりかねないのもポイントです。

振込手数料などの記載がある場合や、振込手数料無料と明記されている場合も信頼性が高まります。

サイトの口コミをそのまま信じてはいけない理由とは?

クレジットカード業者は数が多く、比較することが重要です。業者選びの参考にするのに有効なのが口コミですがそのまま信じるのは危険です。

これは悪質な業者がお金を使って自社の良い口コミを書いてもらっている可能性があるからです。

どれだけ良い口コミが書かれていても、会社概要や古物取扱の許可番号がないなど、不信な業者は避けた方が賢明なのです。

また、良い口コミの業者をたどろうとしても、悪い口コミをたどっても、クレジットカード現金化業者のホームページ自体がなくなっているケースもあります。

クレジットカード現金化も競争は激しく、赤字になればサイトを畳むしかなくなります。

経営年数から安定性を考えるのも優良な業者の見抜き方になっているのです。安定して営業できているということはそれだけトラブルが少ない可能性が高くなります。

現金化に効率的な商品などが誕生すれば積極的に乗り換える業者もいて、業態自体が大きくかわるケースもあります。

利用する側も情報に敏感になってしっかりと確認することが賢くクレジットカード現金化を利用するポイントになっているのです。

クレジットカード現金化業者に問い合わせると換金率がかわるケースも

クレジットカード現金化業者の中には換金率を明示していない業者も存在します。余りにも高い換金率を明示している場合は悪質な業者の可能性がありますが、交渉を前提にしているため書くに書けない業者も存在します。

「他の業者よりも1%でも高く」などと提示している業者の場合は、交渉をすることで初めて換金率が高くなることも多いのです。

交渉が必要なのは、常に換金率を最大にしてしまうと営業自体が困難になってしまうケースがあるためです。業者間でも換金率の競争が存在するため、際限なく換金率を引き上げてしまうと経営ができなくなります。

しかし、ライバルに顧客を取られれば利益自体が出せなくなるため、特例を含めて対応する場合は珍しくないのです。

利用する側が賢く立ち回ることで換金率が高くなる可能性があるのは覚えておきたいポイントです。一度でも優良業者に問い合わせた経験があれば、その数字を提示するだけで相手が譲ってくれる場合もあるのです。

換金率以外の面で譲歩を迫っていくのも方法になる

クレジットカード現金化業者との交渉対象になるのは、換金率以外にも存在します。

クレジットカード現金化は、換金率が口座に振り込まれる金額と同じケースと、手数料を差し引いた別な金額になるケースがあります。

業界による統一基準がないため、消費者が混乱する要因となる場合もあるのです。

一番わかりやすいのが、換金率が口座に振り込まれる金額だと明記されている業者を利用することです。明記がない場合は振込み手数料などがいくらかかるか確認した方がイメージのずれがなくなります。
数百円の振り込み手数料でも少額の現金化の場合は影響が大きいため、損をした気持ちになりやすいのです。

お金が必要なタイミングは人それぞれで、交渉する時間自体が惜しい場合もあります。そんな時は「○○に問い合わせたら手数料が無料だった」というだけで条件が変更されるケースもあるのです。
一言問い合わせ時に付け加えるのはそれほど手間ではないため、ためしに聞いてみるのも方法です。

初回とリピートで換金率がかわる業者も存在する

クレジットカード現金化業者は顧客を確保するために様々な工夫をしています。キャンペーンの実施もその一つで、業者ごとに違うキャンペーンを開催することが競争に喪繋がっています。

消費者はお得なキャンペーンを利用すれば、換金率のアップや手数料の無料化など様々な特典を受けられるのです。

特に目立つのが新規申し込み時に換金率がアップするキャンペーンです。初回のみ90%以上を保証するなど、思い切ったキャンペーンを開催する業者もいます。

逆にリピートを続けることで換金率がアップするケースなども存在し、好みで使い分ける方法もあります。

クレジットカード現金化は同じ業者の利用を続けると、本人確認書類の提出など一部の手続きを省略できます。

古物取引の法律上の義務になるため書類の画像を送る必要がありますが、何度も行えば面倒に感じる要素にもなります。

多少換金率が落ちてもストレスなく信頼できる業者に任せるのも方法になるため、その時々で比較する人も同じ業者をリピートする人も多いのです。

リピートで換金率が下がることが多いのにも理由がある?

クレジットカード現金化になれてくると、リピートをすることで換金率が減ることが理不尽に思えることがあります。新規の顧客を獲得するためにキャンペーンを行う業者が多いのでなおさらです。

しかし、理由があって換金率を下げざるをえない業者も存在します。これはクレジットカードの利用規約が関係しています。短期間に何度も換金率の高いアイテムを現金化すると、クレジットカード会社にカードを止められるなどトラブルに発展するリスクがでてくるためです。

そのため、あえて換金性の低いアイテムを挟んでコントロールするなど、良心的な発想から調整を行う業者も存在するのです。

業者によってリスクに対する考え方は異なるものの、気になる部分があるなら聞いてみるのも方法です。

しっかりと説明をしてくれる業者の方が信頼できるため、換金率よりも安全性を重視する人も多いのです。

ゆうちょ銀行やネット銀行の口座があると現金化が便利に

クレジットカード現金化で重要になるのが、振込みまでのスピードという人も多いはずです。

急にお金が必要になった場合は、翌日まで、あるいは当日中にお金が用意できるかで大きく選択肢がかわります。
お金の有り無しで予定の変更が余儀なくされるケースもあるためなおさらです。

おすすめなのはゆうちょ銀行の口座やネット銀行の口座を作っておくことです。

どちらもネットを経由した24時間の取引に対応していて、休日や夜といった一般的な銀行が営業していない時間でもお金の受取が可能になります。

多くのコンビニと提携していて、ATMから簡単に引き出せるのも魅力です。

クレジットカード現金化業者もゆうちょ銀行やネット銀行の取引に対応しているのがスタンダードになっていて、その他の金融機関への振込みに手数料がかかるケースもでています。日本を代表するメガバンクも24時間対応が進みつつありますが、対応するクレジットカード業者が限られるため注意が必要です

焦って申し込むよりも時間に余裕をもって比較をすることが大切に

クレジットカード現金化業者は競争が激しく優良な業者同士も換金率の高さを争っています。

焦って申し込むよりも時間に余裕をもって比較をすることが大切に

一つだけの業者に絞り込むよりも最新の情報で比較した上で申し込むと、換金率が一気に上がることもあります。

ただし、ちょっとした比較にも時間や気持ちの余裕が必要になることが多いため、手間をかけるかかけないかで換金率がかわるケースがあるのです。

1万円など少額の現金化であれば多少の換金率の違いは誤差になるため、スピードを重視するのも一つの方法です。10万円単位になると1%の違いでかなりの差がでるため、比較のために時間をとるだけの価値がでてきます。

申し込み時に他の業者と比較していますが、などと一言添えるだけでも換金率が変わる事ともあるため、うまく業者と交渉するとよりお得に利用が可能になるのです。


投稿日:

Copyright© カリゼミ , 2018 AllRights Reserved.