初心者が焦るクレジットカードの有効期限。実は更新手続きの必要なし!!

クレジットカードには有効期限がついています。これは、老朽化や旧式化によるトラブルを防ぐために必要なものです。クレジットカードの有効期限が切れたら新規で発行されるため、何らかの手続きをする必要はありません。古いカードの処分だけ、厳重に行いましょう。

クレジットカード

初心者が焦るクレジットカードの有効期限。実は更新手続きの必要なし!!

投稿日:

クレジットカードには有効期限があります。設定されている日にちを過ぎると、そのカードは使えなくなるというものです。

初心者が焦るクレジットカードの有効期限。実は更新手続きの必要なし!!

クレジットカードを初めて持った方だと、期限切れ後の取り扱い方が分からないことも少なくありません。

安心して新しいカードに移行するために、あらかじめどうすれば良いのか知っておきましょう。

クレジットカードの有効期限はどこを見れば分かる?

クレジットカードの有効期限は、通常カード表面に記載があります。「11/21」などという表記があると思いますが、それがクレジットカードの有効期限です。これは年月を表す数字です。

注意点は、日本とは逆順に表記されてるということ。先にくる数字が月を表し、後ろにある数字が年を表しています。上の例の「11/21」の場合は、2021年の11月まで有効ということになります。

なお、クレジットカードの有効期限は、通常日にちまで記載はされていません。その理由は、全てのクレジットカードにおいて、表記されている月の末日までが有効期限となるためです。

また、クレジットカードの発行日から期限日までの長さは、カード会社によって違います。

有効期限が長い会社もあれば短い会社もあります。「有効期限は何年で設定してください」といった決まりはありませんのでクレジットカード会社ごとに独自に設定しているわけです。

なぜクレジットカードに有効期限が必要なのか?

そもそも、クレジットカードに有効期限があるのには2つの理由があります。

有効期限ごとに更新することでカードの老朽化を防ぐ

カードは形のあるものですから、当たりまえのように古くなっていきます。

折れたり、割れたりすれば交換する必要がありますし、長くカードを使っていると、印字がかすれてきたり、角がすり減ってきたりなどもするでしょう。

もし、磁器部分やICチップが老朽化により情報が読めなくなると、そのカードを利用することができなくなります。それを防ぐため有効期限を設けて新しいカードと交換します。

最新技術を備えて防犯対策などに役立つ

カードを新しくすることで、新しく採用されたセキュリティ機能を備えたクレジットカードを受け取ることができます。

ICチップなどがそれにあたります。昔はICチップなどなく磁気の部分のみでカードが利用できましたが、セキュリティ強化のためICチップが採用されるようになりました。

そういった最新のセキュリティ強化もカードを新しくすることで付加できるようになります。

さらに、ネットショップでのクレジットカード不正利用についても、有効期限ごとにカードを新しくすることで対策ができるといわれています。

有効期限がきたら?更新にどんな手続きが必要?

クレジットカードの場合、更新手続きは不要です。書類を書いたり、身分証明を行う必要は一切ありません。有効期限が切れる1か月くらい前になるとクレジットカード会社から新しいカードが届きます。

新しいカードは届いた時点ですぐに使えるようになっていますので、受け取ったら有効期限を気にする必要もなく、新しいカードを利用して大丈夫です。

古いカードの処理ですが、そのままゴミとして捨てたりはしないでください

元の形に戻せなくように細かく切り刻んですてるようにしましょう。シュレッダーがある人はシュレッダーで、シュレッダーがない場合はハサミでも十分に切れますのでハサミを使ってください。

裏面に黒く帯になっている部分があります。ここは磁気部分で個人情報などが書き込まれている場所です。この磁器部分は特に細かく切り刻んでください。

つまり、クレジットカードの有効期限が近づいたからと言って焦る必要はないということです。

期限切れのカードの取り扱いさえ慎重に行えば、後は安心して新しいカードを使えます。

-クレジットカード

Copyright© カリゼミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.