ビックカメラSuicaカードは最大10%超えの還元率を誇る

大型家電量販店が提供するクレジットカードであるビックカメラSuicaカードは、同店舗で還元率10%という圧倒的なお得さを誇ります。また、ビューカードとしてSuica機能も搭載しており、交通機関での利用も便利です。

クレジットカード紹介

ビックカメラSuicaカードは最大10%超えの還元率を誇る

投稿日:

ビッグカメラが提供するビッグカメラSuicaカードは、圧倒的な還元率の高さが魅力のクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカード

同名店舗での利用で基本10%、さらに工夫することで11.5%までアップします。

また、JR東日本のビューカードと提携しており、Suica機能も搭載。日々の通勤・通学などでもポイントが貯められることから、普段使いでもお得です。

ビックカメラSuicaカードの特徴

年会費:税抜き477円(初年度無料)
還元率:1%(ビックカメラ・コジマの利用で実質11.5%)
国際ブランド:VISA、JCB

年会費が2年目から477円掛かりますが、年に1回でも使えば次年度が無料になります。そのため、年会費無料のまま使い続けることは難しくありません。

ビックカメラSuicaカードのポイントの貯め方

ビックカメラSuicaカードを使うと、ビッグカメラ提供のビックポイントと、JR東日本提供のビューサンクスポイントの両方が貯まります。

それぞれまったく別のポイントプログラムですので、混同しないよう気をつけましょう。通常のショッピングでは、それぞれ0.5%ずつの合計1%が貯まります。

もっともポイントが貯まるのは、ビッグカメラ・コジマでの利用。現金払いでも還元率10%とトップクラスでしたが、以下のような使い方で実質11.5%までアップさせることができます。

1.クレジットカードにSuicaをチャージ:1.5%
2.ビックカメラで、チャージしたSuicaを使って支払い:10%

これは公式でもおすすめされている使い方です。ただし、1はビューサンクスポイント、2はビックポイントである点に気をつけてください。

それ以外に、入会キャンペーンで最大6,500円相当のポイントが付与されます。

ビックカメラSuicaカードのポイントの使いみち

ビックポイントは店舗で現金代わりに使える他、Suicaにチャージすることが可能です。ただし、前者は1ポイント1円、後者は1,500ポイント=1,000円ですのでお得さと利便性を考えて使いましょう。

ビューサンクスポイントは、JR東日本提供のさまざまなサービスに利用できる他、ビックポイントへの還元も可能です。この時のレートは400ポイント→1,000ポイントです。

ビューカードならではの交通機関での便利機能

JR東日本のビューカードと提携しているビックカメラSuicaカードは、交通機関での利用も便利です。

  • Suicaのオートチャージ
  • チャージでポイントが貯まる(還元率0.1%)
  • モバイルSuicaの年会費が当面無料
  • 紛失時、カードだけでなくチャージした残高分まで補償
  • 国内・海外旅行の傷害保険

ビックカメラSuicaカードのその他機能や関連するクレジットカード

・ETC機能

1年につき税別477円で搭載できます。

・その他ビューカード

JR東日本と提携しているビューカードは複数あります。Suica機能を魅力に感じるなら比較する必要があります。

-クレジットカード紹介

Copyright© カリゼミ , 2018 AllRights Reserved.