在籍確認を切り抜けるコツ!嘘を付くと審査で落とされるリスクあり

クレジットカードやキャッシング、ローンなどを申し込むと、勤め先に電話で連絡する在籍確認が行われます。これは申し込み内容が正しいか確かめるためのもの。嘘を付いていると、審査で落とされてしまうことがあります。

佐藤コラム

クレジットカードやキャッシングローンの在籍確認を切り抜けるコツ。嘘を付くと審査で落とされるリスクあり

投稿日:2017年10月15日 更新日:

クレジットカードやキャッシング、ローンなどの申し込みをすると、勤め先に突然電話が掛かってくることがあります。

クレジットカードやキャッシングローンの在籍確認を切り抜けるコツ。嘘を付くと審査で落とされるリスクあり

これはほとんどの場所で行われている在籍確認というものです。

在籍確認の目的はとてもシンプルで、申し込んだ方が嘘を付いていないかを確かめるために行われています。特に、勤め先や年収は審査の通りやすさに直結するため、虚偽の申告をしている方がたくさんいます。

クレジットカードやキャッシング、ローンの申し込みで行われる在籍確認は必須の手続き

いちいち勤め先に電話が掛かってくるのですから、利用者側としては良い気分ではありません。そのため、なかには「サービスが悪い!」と怒る人もいるようです。

しかし、これは間違い。もしも、虚偽の申告をした方に返せもしない高額の貸付をしてしまったら大きな問題になります。会社によっては、お金を取り戻せず倒産してしまうことだってあります。

自社のサービスを安定して提供するためにも、在籍確認はかならず行わなければならないものです。

なかには、在籍確認をせず書類審査だけで判断するところもありますが、かならずしもサービスが優れているわけではありません。

そもそも、特殊な例でないかぎり、会社に電話が掛かってくることを不都合に感じる必要はありませんね。そのような一部の方のユーザビリティを取るか、サービスの安全性を取るかで各会社がバランスを取っているに過ぎないということです。

くれぐれも、在籍確認をするイコール良いところ、もしくは悪いところとは判断してはいけません。

在籍確認の電話は誰が出るかで対応が変わる

電話が掛かってきたら、実際にどのような会話をするのでしょうか? これは本人が出た場合と、それ以外の方が出た場合で変わります。

本人が出た場合

「在籍確認のために電話した」という旨を伝えられるだけです。ただし、同姓の人がいることも考えて、フルネームや生年月日、申し込んだ内容などの確認を取ることもあります。

他人が出た場合

本人が不在の場合はそれ以外の方が出ることになります。そのようなケースでも、実際に在籍して働いていることが分かれば、それ以上の連絡はありません。本当にいるかどうか判断に迷う場合は、再度掛かってくることがあります。

電話で借り入れがバレないよう、最大限配慮されている

在籍確認の担当者がどのような電話の掛け方をしてくるのでしょうか? それによって、お金を借りていることが他人にバレてしまう恐れがあるのですから、気になる方は少なくありません。

そこで、在籍確認の特徴をまとめました。ポイントは、借り入れしていることを金融機関が第三者に知らせてしまうことは、賃金業法で禁じられているということです。

用件を言わない

他人が出た時は「キャンペーンのお知らせをするために」「個人的な用で」などぼかしてくれます。

基本的に社名は名乗らない(銀行は例外)

金融機関の場合、「○○金融です」など社名を告げることはほぼなく、個人名を名乗ります。ただし、名前だけを名乗るのは怪しまれる場合、事前に「確認の時は社名を名乗ってくれ」と言えば応じてくれることもあるようです。

なお、銀行はほとんどの場合ぼかさずはっきりと名乗るようです。

非通知で掛けてくる

今の世のなか、電話番号をネットで検索すれば簡単に身元が分かってしまいます。そのため、番号は基本的に非通知です。

ただし、会社によっては非通知ではつながらないこともあります。このケースでは、公開されていない専用の番号で掛ける、書類提出に切り替えるなど対応が分かれます。

在籍確認で落ちるのは、申し込みで嘘を付いている方だけ!

在籍確認によって審査に落ちてしまうことがあります。しかし、嘘の内容を書かず正直に申し込んだ方は心配する必要がありません。

以下のように、嘘を付いた方だけが落とされるためです。

在籍していない

在籍していなければ、もちろんアウトです。過去に働いていたところ、親族の勤め先などを書く方も少なくありません。

偽装会社である

偽装会社とは、社員証や給与明細を配布して、勤務しているように見せかけるサービスを提供している会社のことです。

クレジットカードやキャッシング、ローンなどの機関は偽装会社のほぼすべてを網羅しており、電話を掛けるまでもなくバレます。

その他、何か不審だと感じられた時点で落とされます。電話に出る時は、おどおどせず堂々とした対応を心掛けましょう。

在籍確認でトラブルを起こさないための、5つの注意点

嘘を付かないこと以外に気をつけたい、在籍確認のポイントをご紹介します。

日時や時間の細かな指定はできない

休暇を避けるために、「何日ぐらいに電話を」と大まかに決めることはできます。しかし、「何時何分に」など厳密に決めることはできません。

これは何かしらの工作を疑われてしまうためです。できたとしても、明確な理由を求められたり、審査そのものを厳しめにされたりすることがあります。

担当者は嘘をつけない

用件を少しぼかすなどはできるものの、会社名や名前などではっきりと嘘を付くことはできません。これは会社そのものの信用にかかわるためです。

休職中は申し込みそのものを断られることがある

休職中で会社にいない場合は、各機関で対応が変わります。復職の予定日が遠い、明確に決まっていないなどの場合、申し込みの段階で断られることがあります。

可能なら社内に共有しておく

各機関は、基本的に第三者に用件を告げません。しかし、セキュリティにうるさい会社の場合、怪しい電話はいっさい情報を共有しないということもあります。

社内に借金がバレることを許容できるなら、「このような電話が掛かってきます」とあらかじめ共有しておきたいですね。

周囲にバレることはある

各機関は第三者に謝金がバレないよう、かなり注意深く対応しています。その内容は上記のとおりですが、これは反対に在籍確認の特徴でもあります。

つまり、個人名で、名指しで、非通知で掛けてくる相手は借金関係の電話だということです。このことを知っている人が社内にいれば、どんなに注意深く対応していてもバレてしまうでしょう。

在籍確認は、多少融通が利きにくい部分があります。しかし、普通に電話が掛かってくることに不都合があるなら、まずは相談しておくと良いでしょう。

派遣、パート、アルバイトなど。タイプ別、申し込み時の電話番号記入法

在籍確認を円滑に進めるためには、本人がしっかり電話に出る必要があります。意外と多いことが、本人がいないところに電話が掛かって担当者がたらい回しにされてしまうこと。これは申し込みの時点で適切でない電話番号を書いてしまったことが原因です。

さまざまなケースで、適切な電話番号の記入例を見てみましょう。

大きな会社

支部や支店がある、部署ごとに電話が分かれるなどのケースです。この場合は、所属場所と代表の両方を記入できればベストです。

直接やり取りできるのは前者ですが、契約後に部署が変わった時のために後者が必要になります。

片方しか入力できない場合は、所属場所を書きましょう。これはバイトやパートの方も同じです。

派遣社員

派遣元と派遣先のどちらかを考える必要があります。上と同じ、両方書ければベストです。

どうしても片方しか書けない場合は、派遣元を書きましょう。在籍確認自体は派遣先にしたほうがスピーディですが、所属が変更になる可能性があります。この時、クライアントの手を煩わせるのはスマートとは言いにくいでしょう。

また、各種書類の発行は派遣元になります。

自営業者

本来なら事業所の番号が望ましいところ。しかし、人によっては携帯電話番号しか持っていないことがあります。この場合はやむを得ませんが、確定申告書など、営業していることを証明する書類の提出を求められることがあります。

在籍確認なしのクレジットカードやキャッシング、ローンもあります

在籍確認はほとんどの会社で行われることです。しかし、ごく一部確認せず書類だけで審査してくれるところがあります。

ここで提出するものは、社員証や給与明細など。方法は、写真で撮ってメールで送ります。ただし、鮮明に写っていなければ送り直しになるなど、厳しい部分もあります。

また、高額の貸付になるほど相手も慎重になります。100万円を超えるなら、書類提出のみで借りられることはほとんどないと考えて良いでしょう。

突然電話が掛かってくれば、誰でもドキドキするものです。しかし、正しく申し込んでいれば、恐いものではありません。何らかの理由で在籍確認して欲しくない場合は、書類のみのところを使いましょう。

-佐藤コラム

Copyright© カリゼミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.