ローンのなかでも、特に利用者の多いカードローンの契約方法についてご説明します。大まかな流れはどこもいっしょですが、細かな点で変わる恐れがあります。申し込む際は、かならずそれぞれのローンの公式サイトをチェックしてください。

最初にローンの申し込み、他人に見られず簡単にできるインターネットがおすすめ

ローンの手続きの流れ。おすすめはインターネットの申し込み、即日審査なら30分で結果が出る

まずは「お金を借り入れたい」という旨を融資している機関に申し込む必要があります。これには次のような選択肢が挙げられます。

インターネットで

PCやスマホなどを使って行います。他人に知られず申し込めるという理由から、利用者が増えています。とにかく操作が簡単で、必要書類を郵送する必要がなく画像データを送れば良いという点もメリットです。

郵送で

銀行の窓口やATMの側などに置いてあるローン申し込み書類を入手して記入、郵送するというものです。パソコンやスマホの扱いが苦手という方には良い方法ですが、それ以上のメリットはありません。

電話で

各機関に直接電話して申し込むもの。電話口だけで手続きが終わるわけではなく、別途書類を送ったり、インターネットで手続きを進めたりする必要があります。二度手間ではありますが、分からないことをスタッフに質問できる点は大きなメリットです。

自動契約機で

ATMにある機能を使って申し込みます。足を運ぶ手間はあるものの、審査が早く、その場でカードを発行してもらえます。

窓口で

銀行や消費者金融の窓口で直接申し込みます。自動契約機と同じく、審査や発行までのスピードが魅力です。また、スタッフと対面で会話できる点も見逃せません。

佐藤修

このように、ローンの申し込みにはさまざまな方法がありますが、もっとも使われているものはインターネットです。やはり、人目につきにくい、簡単という点は魅力的ですね

審査は通常1週間ほど、即日審査なら最短30分も

申し込みが終わると、各機関はJICCなどからデータを集めて審査を行います。通常は1週間ぐらいかかりますが、早いところでは30分ぐらいで結果が出るところもあります。

佐藤修

ローンをすぐに利用したい方場合、特にスピーディーな自動契約機や窓口がおすすめです。しかし、最近はそれ以外でも即日審査が増えています

契約時は本人確認書類が必要、高額ローンならさらに追加も

審査が通った後は、契約を結びます。この時、次のような書類で本人確認を行います。

・運転免許証
・パスポート

健康保険証や住民票など顔写真がない場合は、複数の書類が必要になります。また、次に当てはまる場合、所得証明書や確定申告書など、所得を証明できる書類も必要です。

・50万円以上の借り入れ
・他社と合わせて100万円以上になる借り入れ
・専業主婦・主夫による借り入れ
(配偶者の所得が分かる書類が必要です)

無事契約が終わると、ローンのカードが発行されます。この時の受け取り方は次のとおりです。

・窓口で受け取る
・自動契約機で発行
・郵送

佐藤修

インターネットで申し込んだ場合、基本的には郵送で受け取ることになるでしょう。ここでどうしても数日はかかるため、時間に余裕をもって手続きを始めたいですね