結婚式 お金がない

結婚式を挙げるにはある程度のお金がかかります。ではお金がないと結婚式は挙げられない?いいえ、決してそんなことはありません。お金はたしかに大切ですが、お金がなくても結婚式は挙げられます。お金がない分時間と手間を掛ければ思い出に残る素晴らしい結婚式を作り上げられます。お金のかかるお仕着せのプランではなく節約しながらも印象的な自分だけの結婚式を実現しましょう。

お金の悩み・相談

お金はないけど結婚式を挙げたい!費用を節約する3つのポイント

投稿日:

結婚式は人生における一世一代の晴れ舞台です。

近年は結婚式、披露宴を行わないカップルも増えているものの強いあこがれを抱く人はまだまだ多く見られます。
お金はないけど結婚式を挙げたい!費用を節約する3つのポイント
憧れの結婚式で一番の悩みのタネが「お金」です。

不況で収入が伸び悩みどの業界でも価格破壊が進む中、結婚式とその関連業界だけは未だ高額の料金水準のままです。

お金がなければ結婚式は挙げられない?いいえ、そんなことはありません。

知恵を絞れば費用を節約しながら素敵な結婚式が挙げられます。

細かい出費まできちんとチェックしてお金がなくても一生の思い出に残る結婚式を上げてください。

結婚式の実質負担はご祝儀を差し引いた金額

結婚情報サービス会社が行ったアンケート調査によると、結婚式にかかる費用の相場は約300万円です。

300万円はかなりの高額でお金がない人にとってはとても気軽に支払える金額ではありません。

しかし、結婚式の費用は全額を負担する必要はありません。

結婚式では出席者から新郎新婦に対しご祝儀が渡されます。

ご祝儀相場は地方によって違いはありますが友人で3万円、近しい親戚で5万円とされています。

出席者一人あたり3万円で計算すると100人を招待すればご祝儀のみで結婚式費用がまかなえる計算になります。

結婚式の費用そのものは高額ですがご祝儀のことを考えればお金がない人でも十分に予算の目処は立つでしょう。

ただし、最初からご祝儀を当て込んで結婚式予算を組むのはあまりオススメできません。

お金がない人の中にはご祝儀での黒字を当て込んだ結婚式を挙げるケースが見られますが、招待された側からすれば集金目当ての結婚式など迷惑以外の何物でもありません。

費用を節約するのはいいのですが単にケチっているだけでは悪い印象だけが残ってしまい今後の付き合いに支障が出かねません。

費用を節約するのとご祝儀で黒字を出すのを混同してはいけません。

第一に考えるべきはゲストのおもてなしであり、締めるところは締め払うところは気前良く払うのが結婚式予算の基本です。

結婚式場を使わずに費用を節約

結婚式といえば結婚式場、というのがスタンダードな考えです。
結婚式場を使わずに費用を節約
結婚式場はスタッフも結婚式に慣れたプロフェッショナルばかりで何かと便利ですが、費用に関していえば決して安いとはいえません。

プランにもよりますが結婚式場で結婚式と披露宴をあげた場合の相場は350~400万円で、一般的な水準よりも高額です。

お金がないけれど結婚式を挙げたいのなら結婚式場以外を会場に選ぶと費用を大きく節約できます。

例えばレストランを借り切って披露宴を行うレストランウェディングの相場は150~200万円と結婚式場と比較すると約半額です。

結婚式場のようにかゆいところに手が届くようなきめ細かいサービスは期待できませんが、近年はウェディングプランに積極的なレストランが増加しており選択肢は豊富です。

自由度という点では結婚式場よりも融通がききやすく、費用を節約しながら個性的な結婚式があげられるのも大きなメリットです。

レストラン以外にも公民館などの公共施設やスポーツ会場など結婚式が行える施設候補は数多く考えられます。

意外な場所でも結婚式を挙げられるので、結婚式場だけではなく幅広い会場を候補に入れてプランを検討してください。

自分でできることは自分で準備

結婚式費用は事前の想定予算よりもオーバーしがちです。

予算がオーバーしてしまう理由のひとつが高額な各種オプションサービスの存在です。

結婚式では衣装レンタルや会場レンタルといった大きな出費の他に会場に飾る花などの小物類や招待状の印刷費、ウェルカムボードやブーケなどさまざまな項目でお金がかかります。

結婚式関連のサービスというのは全体的に相場が高めに設定されており、特に結婚式場を利用する場合は割高な出入り業者のサービスを押し付けられるケースが多く見られます。

結婚式費用を節約するには細々とした出費をきちんと削りたいところですが、敵もさるもので安いプランを選ぶと見栄えの悪いそれなりのサービスしか提供してもらえません。

費用を削ったことが露骨にわかってしまうため泣く泣く高額のプランを選ぶハメになってしまうのですが、思い切って費用を節約するには相手の思惑通り割高なプランを受け入れるわけにはいきません。

費用を節約するために自分でできることは自分で準備しましょう。

例えば花嫁のブーケなどは結婚式場の出入り業者に頼むと3~5万円が相場ですが外部の業者に依頼すれば1~2万円で見劣りしないクオリティのものが用意できます。

最近は自分でブーケを作るのも流行っています。

センスに自信があるなら手作りで1万円以下で素敵なブーケが準備できます。

会場によっては手作り品や自分で準備した品物に対して持ち込み料金を請求される可能性があります。

会場選びの段階で持ち込みコストの安い場所を選べば費用を大きく節約できます。

結婚式のクオリティは金額ではなく思い入れで決まる

お金をかけた結婚式が素晴らしいものであるのは当然です。

だからといってお金をかけない結婚式がダメなわけではありません。

結婚式のクオリティを決めるのは金額ではなく思い入れです。

お金がないからと言って結婚式が挙げられない、というのは大きな間違いです。

お金がないのを知恵と労力でカバーすれば一世一代の晴れ舞台である結婚式が長く記憶に残るもの素晴らしいものになるでしょう。

-お金の悩み・相談

Copyright© カリゼミ , 2019 AllRights Reserved.