カードローンの返済方法まとめ、金利計算や手続きする場所になどよる分類法

カードローンはどうやって返済するのは疑問に持っていませんか?ここではいくつもあるカードローンの返済方法について詳しく説明をします。カードローンを借りる予定の方やカードローンを利用中の方はぜひ参考にしてください。

ローン

カードローンの返済方法まとめ、金利計算や手続きする場所になどよる分類法

投稿日:

カードローンは一度利用すると返済まで時間がかかるものです。しかし、カードローンにはいくつかの返済方法があり、返済方法によっては通常よりも早く返済を終わらせることができるものもあります。

カードローンの返済方法まとめ、金利計算や手続きする場所になどよる分類法

カードローンの会社によって利用できる返済方法は異なりますが、返済方法は数種類あり、自分にあった返済方法で通常よりも早く返済できることがあるという事実を覚えてください。

大きく分けると5つある返済方式

返済方式とは、借りた金額とそれに加えた金利をどのように支払っていくかを表すものです。この返済方式は少しだけ複雑です。

また、カードローンの会社によって採用している返済方式は異なります。自分が利用しているカードローン会社がどの返済方式を採用しているかも調べてみましょう。

一括返済

借りているお金をすべてまとめて支払います。高額のローンでは難しいかもしれませんが、少額なら視野に入る選択肢です。まとめて返してしまうことで、以降の利息がかからずお得になることが期待できます。

分割払い

借りたお金を分割して支払う返済方式です。この分割払いは1度の利用の金額を分割して一定の金額で支払うことになるため、何度も利用するとその分が加算され大きな金額になってしまいます。注意して利用する必要があります。

リボルビング払い

このリボルビング支払いはとても多くの種類があります。カードローン会社ごとに様々な返済方式があるので気を付ける必要があります。このリボルビング払いは大きく分けると「残高スライド方式」と「定額方式」に分けられます。

・残高スライド方式

この返済方式は、利用の残高に応じて決まった金額を返済する方法です。例えば支払い残高が10万円未満の場合は返済額は5000円、10万円以上20万円未満では返済額は7500円といった感じに、支払い残高に応じて返済額か変わります。当たりまえですが、たくさん利用するほどに返済額が高くなりますので計画的に利用する必要があります。

・定額方式

この返済方式は、さきほどの残高スライド方式とはことなり、支払い残高だいくらあっても支払う金額は同じになります。一定の金額で支払いができるため安心して利用できる反面、たくさん利用した場合には返済に時間がかかるというデメリットがあります。

元利均等返済

借りた元金とそれにかかる利息を合計し、毎月一定の金額を支払う方法です。この返済方式の特徴は、無理なく返済が可能になる分返済完了までの期間が長くなります。

元金均等返済

元金を一定に支払い、その都度利息を足して支払う返済方式です。残金の多い払いはじめは利息が高いので支払い額が多く、元金が減ると利息も減るので支払額は少なくなります。払いはじめは支払い額が大きく大変ですが徐々に楽になり、また総支払額も少なくなる返済方式です。

返済方法はどうなの?2つの返済方法をみてみよう

カードローンの返済方法は大きく分けると2つになります。「約定返済」と「随時返済」です。字を見て分かる人もいるかと思いますが、「約定返済」とは毎月決まった日にちに支払いを行う方法です。ほとんどのカードローンがこの「約定返済」を採用しています。

一方で「随時返済」とは、自分のタイミングで支払いを行うことを言います。たとえば、収入が増え返済に充てるだけのお金がある場合、全額返済を行うといった場合があります。これは「随時返済」にあたります。全額でなくても一部をまとめて返済する「一部返済」も「随時返済」になります。

返済はどこに支払えば良い?4つの返済方法を紹介

振込返済

読んで字のごとく、銀行のATMなどから振込みを行い返済する方法です。返済には手数料がかかる場合がほとんどです。手数料を節約した人にはお勧めできません。もちろん振込みのためコンビニのATMが利用できるのは便利で24時間年中無休でコンビニから返済が行えます。

web返済

web返済は、インターネットバンキングから振込みをして返済する方法です。最近はweb返済に対応しているカードローンも増えています。銀行やコンビニに足を運ぶ必要がなく人を会う心配もありません。ただ、手数料がとられるケースが多いです。

店頭窓口返済

カードローン会社の店頭で支払いをする方法です。手間が多いため利用することは少ないですが、「全額返済」や「一部返済」の場合には手続きが必要なため店頭窓口返済を利用することがあります。

銀行引き落とし

カードローン会社が銀行の場合にはその銀行の通帳から毎月自動で引き落としになる支払方法です。利用者はその銀行の通帳に決まった日にちの前に入金するだけなのでとても便利です。

手数料もかからなく、銀行のATMやコンビニのATMが使えるので支払いが遅れる心配も少なくなります。


ご利用のカードローン会社によってそれぞれ返済方式や利用できる返済方法は異なります。

カードローンは利息がかなり高く設定されていて、返済が長引くほど支払う利息は多くなります。

まずは自分の返済方式と返済方法を確認し、可能であれば「一部返済」や「全額返済」を利用して早めにカードローンを返済しましょう

-ローン

Copyright© カリゼミ , 2018 AllRights Reserved.