カードローンとフリーローンは使い方自由!!個人向け金融商品の基礎知識を知ろう!!

カードローンとフリーローンはどちらも急な出費に対応できる点が魅力です。使い方が自由で個人向けの金融商品ですが、追加融資の有無、金利、臨機応変さなど各所に内容の違いがあります。そのため、これらは混同せず状況に応じて使い分けることが重要になります。

佐藤コラム

カードローンとフリーローンは使い方自由、個人向け金融商品の基礎知識を知ろう

投稿日:

困ったときの緊急資金として活躍するのが、個人向けに出されている、カードローンフリーローン。詳しい使用目的の説明や長い申請期間などの手続きはいずれも不要です。

カードローンとフリーローンは使い方自由、個人向け金融商品の基礎知識を知ろう

自由な使い道に対応できるなど共通することが多い2つのローンですが、細かな部分が違います。ここでは、それぞれの基礎知識をご紹介。特徴を理解して、自分にあった選択をしましょう。

カードローンとフリーローンは多目的に使える個人向け金融商品

カードローンとフリーローンはどちらも個人にたいして用意された、さまざまな用途に使える融資商品です。住宅やマイカー購入など、特別な目的が決まっていなくても、金融機関に申し込むことで利用できます。

専用カードとATMで自由に借り入れ返済ができるカードローン

カードローンとは、消費者金融や信販、銀行などクレジットカード会社が個人向けにおこなうローンです。専用のカードを用いて、金融機関やコンビニに設置されているATMを利用できるため、借り入れや返済ができ利便性に優れます。

審査においては、信用や返済能力の確認はされますが、フリーローンと比較すると一般的に通りやすい傾向です。

しかし、多額な債務を避けるために、複数の申し込みや、返済残高がおおい場合には、申請が通らない可能性もあります。

名前の通りの自由資金 多目的に活用できるフリーローン

さまざまな使用目的の資金として、主に銀行が個人向けに取り扱っているのがフリーローンです。幅広い使用が認められていますが、事業や投資のために借りることはできません。

借り入れた融資額を、決められた期間で戻していきますが、返済期間中の増額は認められていません。

使い方は基本的に自由ですが、金融機関によっては申し込みの際に「使用目的の申告」や「用途を証明する書類」が必要になるケースもあります。

信用力や返済についての確認は、ほかと同じようにありますが、基準内容は公開されてはいません。カードローンと比べた場合、金利は低く設定されていますが、融資が認められない場合もあります。

クレジットカード会社や銀行が取り扱う個人向けローン。手続きや利用方法はことなりますが、どちらも明確な使用目的が決まっていなくても申し込めます。

利便性のカードローン 返済状況が分かりやすいフリーローンそれぞれの特徴

どちらも、自由な使い方に対応できるところは似ていますが、それぞれにおおきな違いがあります。

1.追加融資の有無と借り入れ回数

認められた融資の限度額50万円とした場合、カードローンは限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れと返済を繰り返すことができます

フリーローンの場合、残高があっても途中からの借り入れはできません。50万円の上限枠のうち、30万円を借り入れたとします。枠内には20万円残る計算になりますが、追加融資は、完済後の再審査が必要です。

2.返済時のキーポイント、金利の違い

それぞれを比較すると、フリーローンの方が金利を低く設定しているのが一般的です。10%以下となるものがおおく、そのなかでも変動タイプと固定タイプを任意で選択できる銀行もあります。

一方でカードローンは、全般的に高く決められている傾向があります。しかしながら、取り扱い内容によっては金利を抑えている金融機関もあるため、しっかりと調べることが大切でしょう。

返済の負担軽減につながるキーポイントです。資料や担当者の説明から内容を把握し、十分に検討することが必要です。

3.必要にあわせた臨機応変さとすぐに分かる返済状況

カードローンの魅力は、状況にあわせて何度でも借り入れができる臨機応変さです。万が一の状態に対応できる資金があることは心強いでしょう。

注意する点を挙げるならば、借りた人によって、借入残高や返済金額が把握しづらい場合があることでしょう。自由に繰り返せることによるものですが、使い方への自己管理が必要です。

フリーローンは、一度完済するまで次の追加融資を受けられないため、融通性においては不便を感じるところもあるでしょう。

しかしながら、シンプルに借りた分を返していくだけですから、月々の返済状況がすぐに分かります。そのため、次の購入プランを計画しやすいメリットがあります。

金利や返済管理を必要としますが利便性の高いカードローン、臨機応変さは劣るものの状況が分かりやすいフリーローン。どちらが優れているということではなく、自分の目的やライフスタイルあったタイプを選びましょう。

-佐藤コラム

Copyright© カリゼミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.