クレジットカードの現金化は強制停止の危険あり!誘惑に注意しよう

生活費が足りない時、クレジットカードの分割払いやリボ払いは役に立ちますね。しかし、どんな時でもクレジットカードが使えるとは限りませんからある程度の現金は持っておきたいものですね。しかし、クレジットカード現金化はデメリットが大きいのでやめましょう。

クレジットカード

クレジットカードの現金化は強制停止の危険あり!誘惑に注意しよう

投稿日:

クレジットカードは現金を使わずに商品を購入できるツールです。

クレジットカードの現金化は強制停止の危険あり!誘惑に注意しよう

しかし、これを利用して現金を不当に手に入れる方法があります。もちろんキャッシング機能を使うことではありません。

それは、クレジットカードに与えられたショッピング枠を使って「現金を買う」ことです。その方法にはいくつか種類があるものの最終的にショッピング枠の一部が現金に代わる点は一緒です。

クレジットカード現金化のメリットは「まとまった現金が」「すぐに手に入る」という点につきますが、なぜ現金化したいのかわからない人も多いでしょう。

現金を使わなければいけないことと言えば…

人によってはクレジットカード払いですべての支払いを賄えますが、まだまだ現金しか受け付けていないサービスは多いです。その最たるものは家賃です。家賃はどうしても切り詰められない部分ですね。

他には友達と割り勘する飲み会旅行はカード払いにできないこともあります。そもそもカード払いを申し出る時点で若干怪しいです。

このようにどうしても現金しか使えない場面が出てくることから、ショッピング枠よりも現金の方が便利です。仮にすべての支払いがクレジット払いでできるならクレジットカード現金化の需要は減るはずです。

クレジットカード現金化にはどんな方法があるの?

クレジットカード現金化は意外と簡単にできます。なぜなら本当に現金化が目的か否か判別できない事例が多いからです。

たとえば、飲み会の幹事をやったとしてみんなから会費をもらった後、クレジットカードで決済したとします。

たとえ支払いの効率化やポイント集めのために行ったとしてもショッピング枠の一部が現金に代わっていますよね。

もちろん、このくらいなら問題とは言えませんが「根本的な仕組みは同じ」と考えればこの後も理解しやすいでしょう。

個人でクレジットカードの現金化をする場合

クレジットカードの現金化は特定のサービスにこだわらなくてもできます。

一般的なものは転売です。クレジットカードで商品を購入して、それを現金取引で売却する。

例えば、アンティーク品や往年のコレクション、新しいものであればスマホやゲームなどを売却することでショッピング枠の現金化が可能です。利用明細書からは現金化目的か判別しづらいでしょう。

せっかくなら換金性の高いものを購入したいところですが、ゴールドやプラチナの売買にはクレジットカードがまず使われていません。

宝石はクレジットカードで買えますが質屋さんでの買取はかなり値段が下がってしまいます。他には金券を買うことも考えられますがこちらも現金化対策で現金販売が基本となっています。

そこで出てきたのが電子マネーの買取や、お金の売買です。電子マネーでポピュラーなのはAmazongiftで検索すればすぐに買取サービスが出てきます。お金の売買はニュースになりましたね。

個人で出品できるメルカリで「現金」が出品されたのもまたクレジットカード現金化の需要があったからです。

業者を利用してクレジットカードを現金化する場合

クレジットカード現金化をあえて専門に行う業者もいます。業者は通常の転売と違い現金化するために商行為があったフリをします。イージーサポートやキャッシュラインなどが有名ですね。

たとえば、大して価値のない商品を送り付けてそれを高額で買い戻すやり方です。

これなら一応「古物商として商品を買い取っている」ことになりますが実質はショッピング枠の換金です。物の価値が客観的に判断されないようあえてハンドメイドの製品を使う例も見られます。

もう一つは、大して価値のない商品を送りつけて「キャッシュバックサービス」の名のもとに高額のお金を振り込むやり方です。

ものの値段が主観で決まるとはいえこれもどうかと思います。形式的には「スマホ契約で1万円キャッシュバック」と一緒ですが何か違和感が残りますね。

クレジットカードを現金化している業者はすぐにお金を振り込む一方で20%ほどの手数料をとっています。

つまり、クレジットカード現金化のサービスを利用するとショッピング枠より安いお金しか手に入らなくなります。

クレジットカード現金化は法的にグレー、利用は絶対にNG

クレジットカードの現金化は、本来の使い方とは大きく逸脱した行為です。

法律的にも、明らかに犯罪ではないものの確実に合法とも言い切れず、グレーのラインで物議を醸しています。クレジットカード現金化をしている業者はいろいろな法律と関わってきます。

貸金業法違反

例えば、商品を買い取っているのではなく実際にお金を貸しているのだと判断されれば貸金業法違反となります。中には2回目以降の利用で商品の受け渡しを省略する業者もいるようです。

出資法違反

あまりに手数料が高ければ出資法違反になります。出資法では年利29%以内の利率に定めるべきとされています。

しかし、クレジットカード現金化の場合は1日で20%もの手数料が払われるため年利に直せばとんでもない額になります。

その他詐欺罪など、犯罪に巻き込まれることも

悪徳業者が多いため犯罪に巻き込まれることも考えられます。

決済をしたのにお金が振り込まれない、手数料が広告に出ているものよりも高い、不満を感じて取りやめようとすると法外のキャンセル料を取り立てられる、連絡先を闇金に流されてしつこい勧誘を受けるなどがあり得ます。

どうしてリスクが高いのに利用してしまうのか

クレジットカード現金化はもう現金を借りれない、つまりカードローンを使い切ってしまった人の逃げ道となっています。

借金は恐ろしいもので一度ハマってしまうと1枚、2枚、とカードが増えていきあっという間に年収の3分の1である総量規制に達してしまいます。

この状態では新たにお金を借りられないので債務整理をするか、闇金に手を出すしかありません。

しかし、クレジットカードのショッピング枠が残っていればとりあえず現金化で生活をつなげます。それが魅力的な選択肢に見えてしまうのです。

クレジットカード現金化がばれると何が起きるのか

仮にクレジットカード現金化が合法で、良心的に見える業者を利用したとしても行ってはいけません。

たとえショッピング枠の換金が違法でなかったとしてもクレジットカードの利用規約には間違いなく抵触します。つまりペナルティは覚悟しましょう。

もし、換金行為をしたとばれてしまえばクレジットカードの利用停止や強制退会、果てはご利用残高の一括請求に発展します。もし、一括請求されて支払えなければ財産の差し押さえが行われます。

お金がないからクレジットカード現金化をしているわけですから間違いなく対処不能です。

しかも、ショッピング枠の換金は自己破産における免責不許可事由のひとつです。ばれたら、自己破産できなくなるかもしれません。仮に裁量免責で自己破産が認められたとしても一部の債務は残ります。

換金行為はカード会社にとってデメリットしかありません。なぜなら今後支払えるかどうかわからない大金を立て替えるからです。

しかも本来リスクを負うべき現金化業者はすでにお金をもらっているため支払いに関してノーリスクです。これではあまりに不公平ですよね。

クレジットカードを現金化する前に早めの法律相談を

本当なら、クレジットカードの現金化で悩むより前に債務整理をした方が無難です。

債務整理には利息をカットする任意整理と元本を減額する個人再生、そして債務を帳消しにする自己破産がありますが、どれも債務者の再スタートを促します。

決して恥ずかしいことではありませんしブラックリストの掲載も数年で終わります。

法的な抜け道があっても、クレジットカードの現金化をカード会社は許してくれません。絶対にしないでくださいね。

-クレジットカード

Copyright© カリゼミ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.